歯を削る治療から生涯使い続ける「健康な歯」へ

虫歯予防・歯周病予防

ミタカピースデンタルクリニックでは、むし歯や歯周病などのトラブルが起きてから治療するのではなく「トラブルが起こる原因を取り除くことで健康的な口腔状態を維持する」ための定期的な検査・予防・メンテナンスをお薦めしています。

正しい歯みがきの指導やクリーニング、検査等を受けることにより、むし歯や歯周病にかかるリスクを減らし、ご高齢になってもご自分の歯で食べることを目指します。
むし歯が進行して神経に達してしまう前に治療を行い、少しでも多くのご自分の歯を残すためにしっかりと予防しましょう。

むし歯や歯周病が与える悪影響

近年の研究で、歯周病が全身に多くの影響を与えることが明らかになってきました。
歯周病を予防することは、全身の疾患や生活習慣病を予防する事にもつながります。

  • 早期低体重出産や早産など、出産時のリスクが高くなる
  • 口臭の原因の大半は歯周病
  • 誤嚥性肺炎、心疾患などへの影響
  • 歯を失い、よく噛むことが出来なくなると脳への刺激が少なくなり、認知症になりやすい

歯を失う原因

再治療を繰り返すたび、自分の歯は失われ、抜歯へと近づいていきます。
自分の歯を長く維持するためには、耐用年数の長い治療法を選んだうえで、きちんと予防処置を行い、修復サイクルをできるだけ長くすることです。そうすることで、歯を失うリスクを抑えることが出来ます。
むし歯にならないようにご自宅での歯みがきと医院でのメンテナンスをしっかりと行うことが大切です。

歯のライフサイクル