むし歯治療について

むし歯治療
むし歯の程度にもよりますが可能な限りホームケアでの改善を考えます。
そのためにもブラッシング指導や食事指導などについてきちんと説明させていただきます。自分の歯を残すために、痛みや症状がなくても3か月に一度は定期検診で来院されることをお薦め致します。

むし歯の進行について

むし歯とは、ミュータンス菌などの虫歯病原菌が作り出す「酸」によって歯が溶かされ、不可逆的に進行する病気です。そのため、虫歯病原菌に侵された部分を取り除いたり、溶けた部分をつめたり、かぶせ物をして治療致します。

CO エナメル質内のむし歯

歯の表面のエナメル質が脱灰して白くなっている状態です。まだ歯に穴は開いておらず、むし歯になりかけている段階なので、痛みなどの症状はありません。

C1 エナメル質内のむし歯

C1 エナメル質内のむし歯歯の表面(エナメル質)のみでとどまっている初期のむし歯、しっかりした予防で進行を防ぐことが可能です。むし歯の範囲や場所によっては、削ってつめ物をする必要があります。

C2 象牙質に達したむし歯

C2 象牙質に達したむし歯エナメル質の下の象牙質までむし歯は進行した状態で神経(歯髄)に近づくにつれて冷たい物がしみ、痛みの自覚症状が現れます。

知覚過敏治療についてはこちら

C3 神経 (歯髄)に達したむし歯

C3 神経 (歯髄)に達したむし歯歯の神経(歯髄)まで進行し、炎症(歯髄炎)がおき、激しい痛みを伴うことがあります。

根管治療についてはこちら

C4 歯質が失われたむし歯

C4 歯質が失われたむし歯末期のむし歯の状態。歯はほぼ歯根だけになってしまいます。
この状態になると抜歯が必要になります。
抜歯した部分は傷が治った後に、ブリッジ・部分入れ歯・インプラントなどの方法で補うことになります。こうなってしまう前に治療をお薦め致します。

歯を削らないむし歯治療法【カリソルブ】(自由診療)

歯科先進国といわれるスウェーデンで開発された、むし歯治療技術「カリソルブ治療」。
カリソルブは、カリエス=むし歯だけを選択的にやわらかくする薬剤で、専用器具も併用して治療します。従来に比べてむし歯以外の歯を削る量が少なくて済むとされています。
また、削る時に健康な歯や歯肉に対する影響がないことも、この薬剤の特徴です。

当院では、このカリソルブ治療(自由診療)を行っています。

カリソルブ治療についてはこちら