入れ歯について(総義歯・部分義歯)

入れ歯でも美味しく食べる

入れ歯でお悩みの方はいらっしゃいませんか?

  • 最近、食事をするたびに入れ歯が動く
  • 痛くて思うように食事がとれない
  • 見た目をもっときれいにしたい

食事を楽しむことは健康を維持し、私たちの生活の質の向上に多いに影響致します。

ミタカピースデンタルクリニックでは、見た目を気にせず大きな口を開けて笑うことが出来る、食事を美味しく食べられる、心地よく装着出来る「入れ歯」を患者さんにご提供出来るよう努力しております。
入れ歯に対して「痛い」「噛めない」「外れる」「入れ歯が目立つのが嫌」など、どんなお悩みをお持ちでも、お気軽に一度ご相談下さい。
患者さんを全力でサポート致します。

ミタカピースデンタルクリニックで取り扱っている入れ歯

ご要望に応え特別な入れ歯もお作り致します

当院では患者さんのご要望にお応えし、特別な入れ歯もお作りしています。
例えば下記で紹介している、ノンクラスプデンチャーや金属床入れ歯などは、安定性、機能性、審美性に優れているので、従来の入れ歯では満足出来ない方に最適です。
口腔内の状況によってはお薦め出来ない場合もあります。
お気軽にご相談下さい。

ノンクラスプ・デンチャー

針金のない、ノンクラスプデンチャー金属の留め金(クラスプ)がないため、笑ったときに目立たない入れ歯です。硬くないので、心地よく装着していただけます。
また、 金属アレルギーの方でも安心してお使いいただけます。
自費診療(保険外診療)による入れ歯です。

金属床義歯

熱を伝わりやすくする金属床歯肉に触れる部分が金属で作られている入れ歯です。
強度のある金属床は、入れ歯を薄くすることが出来るため、違和感も少なく、保険適用の入れ歯よりも自然に近い発声が可能です。
また、金属なので食べ物の温度(熱さ・冷たさ)がよく伝わり、食事を美味しくいただけます。
自費診療(保険外診療)による入れ歯です。

レジン床義歯

総入れ歯(総義歯)歯肉に触れる部分がレジン(プラスチック)で作られた保険適用の入れ歯です。
食べ物の熱さや冷たさに対する熱伝導が悪く、強度を保つために厚く、大きめに作らなければならないので違和感がある、しゃべりにくいという難点があります。
しかし、保険適用なので安価で、ほとんどの症例で使用出来て修理しやすいといったメリットがあります。

金属床とレジン床の比較