歯ぎしり・食いしばりについて

歯ぎしり・くいしばり

歯周病、知覚過敏、顎関節症・・・

「歯ぎしり」や「食いしばり」はそんな数多くの口腔疾患を引き起こす原因になってしまいます。

歯ぎしり・食いしばりについて

歯ぎしり・食いしばりは上下の歯が強く接触した状態をいい、3つに大別されます。
無意識に行う場合が多く、歯や歯肉、あごへのダメージも大きなものとなります。

  • グラインディング・・・ギリギリと歯を擦り合わせる
  • クレンチング・・・ググッと上下の歯を強く噛みしめる(食いしばり)
  • タッピング・・・カチカチと歯をすばやく打ちならす

歯ぎしり・食いしばりが歯に与える悪影響

歯ぎしり・食いしばりによるさまざまな不快症状「歯ぎしり」や「食いしばり」を放置すると歯周病の悪化、肩こり、頭痛、めまいなど、様々な不快症状を引き起こしてしまう恐れがあります。
下記の症状に、あてはまる方は専門の医療機関の受診をお薦めします。

歯ぎしりの対処法

マウスピース(スプリント療法)

歯ぎしり用マウスピース

歯ぎしり用マウスピース

睡眠時の食いしばりのために「ナイトガード」というマウスピースを使用して、ダメージを軽減します。