歯周病治療

歯周病

こんな症状はありませんか?

  • 歯肉が腫れて痛い
  • 歯肉から血が出る
  • 歯がグラついて食べ物がよく噛めない
  • 口臭がある

このような症状で来院された方の大半が歯周病です。
出来るだけ早く歯科医院に行くことをお薦め致します。

歯周病とは

歯周ポケット内のバイオフィルム歯周病は、歯垢の中の細菌が歯の周りの歯肉や骨に炎症を起こす病気です。
さらに歯の奥まで炎症が広がると、歯を支える土台である歯槽骨が破壊され、放置していると歯が抜け落ちてしまうこともある病気です。
しかも、恐ろしいことに歯周病は発症しても痛みがないため、自覚症状のないまま進行します。気が付いた頃には、歯周病がかなり進行してしまっているケースも少なくありません。

歯周病の進行

歯周病の進行

健康な状態
歯と歯肉のすき間(ポケット)もなく、歯肉がひきしまっている。
軽度歯周病
歯肉が赤く腫れあがり、歯を磨いたり、硬い物を食べると出血することがある。
中度歯周病
ポケットの炎症が慢性化して骨が溶けはじめる。口臭もある。歯がぐらつくことがある。
重度歯周病
歯が浮いたような感じがする。歯根を支えている骨がほとんど溶けてしまう。歯根が露出し歯のぐらつきがひどくなる。

痛くない歯周病治療【ペリソルブ】(自由診療)

歯科先進国といわれるスウェーデンで開発された、歯周病治療技術「ペリソルブ治療」。
ペリソルブは、ペリオ=歯周病に対して使用する薬剤で、歯周病の原因である歯石や歯垢をやわらかく除去しやすい状態にするだけでなく、口腔内を殺菌してくれます。治療中から、お口の中を清潔に保つことが出来るので、誤嚥などによるリスクが低減されます。

当院では、このペリソルブ治療(自由診療)を行っています。

ペリソルブ治療についてはこちら