インプラント治療について

インプラント

歯を失った部分に純チタン製のスクリュー(人工歯根)を埋め込み、その上に人工の歯や入れ歯を取り付ける方法を「インプラント」といいます。
チタンは人工股関節などの医療分野で長く使用されている非常に生体に優しい素材で、金属アレルギーの心配もほとんどありません。
インプラントは「第2、3の永久歯」といわれるほど、機能的にも見た目にも、天然の歯の状態に近付けることが出来ます。
歯を失った部分の治療法は両隣の歯を削って連結している差し歯を入れる「ブリッジ」、残っている歯に留め金を掛けてご自分で取り外しをする「入れ歯(義歯)」がありますが、それぞれに利点と欠点があります。

インプラントは他の治療方法に比べて

  • 噛み心地が良い
  • 他の歯に負担をかけない
  • 天然の歯に一番近い
  • 見た目がきれい

などのメリットがあります。
歯がなくなった場合に第一選択となる、歯を作る治療方法です。