知覚過敏治療について

知覚過敏

冷たいもの、温かいもの、酸味の強いものを飲食したときや歯みがきのとき、風が歯にあたったときなど「キーン!」「ズキン!」と歯がしみる(痛い)ことはありませんか?

そのような症状がある場合は「知覚過敏」かもしれません。

「知覚過敏」は歯の神経が過敏に反応することをいいます。
「歯がしみる」「歯が痛い」と言った症状が出ても一時的なもので、症状が継続しないことが大きな特徴です。

また、「歯がしみる」という症状のすべてが「知覚過敏」というわけではなく、むし歯や歯周病の初期症状、歯の破折などが原因の場合もあります。

知覚過敏とは

知覚過敏は、別名「象牙質知覚過敏」とも呼びます。
歯の内部はヒトの身体の中で一番硬いと言われる「エナメル質」や「セメント質」で守られていますが、様々な原因で「エナメル質」「セメント質」が削られて、その下にある「象牙質」が出てくることがあります。
「象牙質」の中には「象牙細管」という神経が通っているため、刺激があるとしみや痛みとして症状がでます。これが「知覚過敏」です。
「歯がしみる」「むし歯がないのに歯が痛い」症状が出たら、歯科医院で診断をした上で治療をしましょう。

知覚過敏の主な原因

  • 間違った歯みがき
  • 研磨剤入りの歯みがき粉
  • 歯ぎしり、咬み合わせ
  • 酸が含まれる食品の過度な接触による「酸蝕歯」
  • ホワイトニングの薬剤
  • 歯周病による歯肉の後退
  • むし歯の悪化
  • 歯科医院治療(歯石除去など)
  • 加齢による歯肉の後退