子供の歯のアレコレ(第4回)〜気合い入れてますか?〜

前回は上の子より下の子の方が虫歯ができやすくなる理由のひとつとしてお菓子デビューが早いと言うお話をしましたが、今回はもうひとつの原因を考えてみたいと思います。

それは保護者の方に最初の子の時のような“気合い”がなくなった、と言うことではないでしょうか?

実は大変お恥ずかしい話(どうぞここだけの話にして下さい)ですが、私には子供が3人いますが、末の子を虫歯にしてしまいました。上の2人が大丈夫だったためか3番目はほぼノーチェック。学校の歯科検診の結果を見てビックリ!慌てて確認すると奥歯にシッカリと虫歯ができていました。

乳歯というのは永久歯と比べて虫歯になっても痛みをあまり感じないのが特徴です。そのため普段からちゃんとチェックしないと虫歯になっても気付くことなく、あっという間に神経に達するほど進行してしまいます。幸いにも三男坊は神経に届くほどは進行はしていませんでしたので、すぐに治療して事なきを得ました。

やはり親なら誰でも同じだと思いますが、特に最初の子というのは全てに関して細心の注意を払い、歯に関してもそれこそ“気合い“を入れて一生懸命仕上げ磨きをするものだと思います。でも2人目以降ともなると、上の子の子育てに追われてしまうなどの理由からついつい手を抜きがちになり、虫歯にしてしまう事が多くなってしまいますね。

親御さんに下の子の虫歯を指摘すると、よく「上の子が大丈夫だったので油断してしまいました」というお声をいただきます。以前のブログでも書きましたが、人にはそれぞれ”歯の質“というのがあります。その質によっては多少なりとも虫歯ができにくい、できやすいというのがあり、これは兄弟姉妹といえども必ずしも同じではありません。「上の子は虫歯がないから下の子も大丈夫!」という根拠のない自信は捨てていただいて、2人目だろうと3人目だろうと常に緊張感を持って仕上げ磨きを頑張って下さい。

でも“言うは易く行うは難し”ですよね。

当院にも2ヶ月〜半年の間隔で兄弟そろって定期的にフッ素塗布と同時に歯科検診に来院される方がたくさんいらっしゃいます。この記事を読んでもし不安に思われましたら、是非ご来院下さい。

大人も子供も虫歯治療は早い方が楽ですよ^ ^

医療法人社団 郁栄会
ミタカピースデンタルクリニック
TEL0422-38-6291
東京都武蔵野市中町1-24-15
メディパーク中町3階
三鷹駅北口より徒歩約6分
診療科目:歯科・小児歯科・歯科口腔外科・訪問診療等