歯の汚れを放っておくと・・・お口の中だけの問題ではないんですよ!

歯みがきを疎かにすると歯周病や虫歯、そして口臭の原因になる事は皆さんもご存知の事と思います。しかし近年、様々な研究によってお口の中のバイ菌が全身の病気の原因になったり悪化を助長することがわかってきました。最近ではテレビや雑誌、またはいろいろなインターネットサイトでも盛んに取り上げられるようになりましたので、そんな話を聞いた事があるな、という方もいらっしゃるかもしれませんね。

お口の中のバイ菌は当然の事ながら毎日の生活の中で知らず知らずのうちに飲み込んでしまっています。そして飲み込んでしまった歯周病菌は全身の血管に入り込み血液の流れを邪魔してしまい脳梗塞や心筋梗塞の原因になると言われています。また糖尿病の持病をお持ちの方は病状を悪化させてしまうと言われています。
さらに妊娠中の方はホルモンバランスの変化やつわりによって歯みがきが不十分になってしまうなどの理由から特に歯周病になりやすいと言われています(妊娠性歯周炎)。そのまま放置する事で低体重時や早産の原因になってしまう可能性もあると言うことも最近報告されるようになりました。
また歯を失う一番大きな原因は歯周病ですが、歯がたくさん残っている人に比べて、ほとんどなくなってしまってしっかり噛めなくなってしまった人の方がアルツハイマーなどの認知症になる確率が高くなるということもわかってきました。

以前のブログでもお話ししたように歯周病というのは基本的に痛みはなく静かに進行するものですし、歯石が付着していても気付かない事はとてもよくある事です。
もうすぐ年の瀬。皆さんもそろそろお家の大掃除のことをお考えになられる方もいらっしゃると思いますが、お時間がありましたら歯のクリーニングも年内に是非されてみてはいかがですか?ご心配な方はいつでもご連絡下さい!

あっ、そうそう、歯周病菌による悪影響は高齢の方は特に気をつけなければなりません。次回はそのお話をしてみようと思います。


医療法人社団 郁栄会
ミタカピースデンタルクリニック
TEL0422-38-6291
東京都武蔵野市中町1-24-15
メディパーク中町3階
三鷹駅北口より徒歩約6分
診療科目:歯科・小児歯科・歯科口腔外科・訪問診療等