食後30分以内の歯磨きは良くないって聞いたけど、本当?

表題にもあります通り、最近、食後の30分は歯磨きはしない方が良いと言う説を唱える方がいらっしゃいます。これは食後にお口の中が歯を溶かす原因になる酸性に傾いてしまった場合、食事中の刺激によってたくさんの唾液が分泌される事でお口の中を中性に緩和してくれるので虫歯になりにくくなるが、食後すぐに歯磨きをすることによってその効果が薄れてしまうというものです。要するにせっかく食事によって虫歯になる事を防ぐために分泌された唾液を歯磨きによって洗い流してしまうという理屈が根拠になっています。

確かにそのような考え方も一理あると思いますし、否定するつもりもありません。

でもこれはあくまで私の肌感覚であり、具体的な臨床データがあるわけではありませんが、今まで毎食後すぐに歯磨きを習慣付けて実行されている方をたくさん見てまいりましたが、それらの方たちが歯磨きするたびに歯が溶けたとか虫歯が増えてきたという例は実感として皆無でした。
完璧な歯磨きをするということはとても難しい事ですので、若干の歯石の付着はみられるものの、そのような方のお口の中はとても良い状態に保たれている、というのが私の率直な感想です。

それよりも例えば朝の忙しい時間に朝食後30分間歯を磨かないとか、昼食後の30分後に仕事が始まってしまい、結局は歯を磨く事ができなかった、または忘れてしまったという方が問題だと思いますので、あまり時間的な事を神経質に考えず、しっかりと歯磨きする事を心がけましょうね。

つい最近まで暑い暑いと言っていたのが嘘のように一気に冬の空気になりましたね。
皆さんも風邪など召されませぬよう、お元気にお過ごし下さい。

医療法人社団 郁栄会
三鷹ピースデンタルクリニック
TEL:0422-38-6291
東京都武蔵野市中町1-24-15
メディパーク中町3階
三鷹駅北口より徒歩約6分
診療科目:歯科・小児歯科・歯科口腔外科・訪問診療等