お口の中のバイ菌のお話(お食事中の方はごめんなさい)

皆さんもご存知とは思いますが、お口の中にはバイ菌がいっぱいいます。

ではここで質問です。お口の中とお尻とではどっちの方がバイ菌が多いでしょう?

答えは・・・・・そう、お口の中ですね。

お口の中にはバイ菌が100億個、1000億個、場合によっては1兆個にまで増える事があると言われています。これはお尻にいるバイ菌の10倍にもなるんですよ。そして細菌の種類は500種類とも700種類とも言われています。もちろんバイ菌がたくさんいるからといっても悪い菌ばかりではなく良いバイ菌もいますが、お口の中のバイ菌が増えていくということはいい菌も増えるかわりに、それに比例して当然悪い菌も増えてしまいます。

ただ幸いなことにお口の中には唾液があります。この唾液が流動することでバイ菌たちはかなりの量が洗い流されます(自浄作用)。私たちは子供の頃から「よく噛んで食べましょう!」と言われていると思います。これは歯を丈夫にしたり消化を助けるという事の他に、唾液がたくさん分泌される事を促すという効果もあるんですよ。

ただ問題は就寝中です。寝ている間は唾液の分泌が減るばかりではなく、口呼吸(寝ている時に口を開けたまま呼吸してしまう事)がありますとお口の中は乾いてしまい唾液の流動性が減少してしまうので、お口の中のバイ菌が劇的に増えてしまいます。←朝起きると口臭を強く感じるという経験はありませんか?そういう時はお口の中でバイ菌が繁殖している証拠ですね。

つまり寝る前にお口の中のバイ菌を出来るだけ減らしておくことが大切なのです。

歯磨きは毎食後に行うことが理想ですが、それが難しい場合でも就寝前の歯磨きがとっても大切な理由はそんなところにあるんですね。1日が終わって疲れ過ぎて歯磨きせずに寝てしまった、またはお酒を飲んで面倒くさくて歯磨きせずに寝てしまった・・・など、そんな患者さんの声をよく聞きますが、そこをグッとこらえて、就寝前には頑張ってしっかりと歯磨きしましょう!

でもそんなことが何日か続いてしまって不安に思っている方は、当院にお越しくだされば磨き残した歯の汚れを、優しくベテランの衛生士さんがキレイにクリーニングしてくれますので、ぜひお声がけください!

医療法人社団 郁栄会
ミタカピースデンタルクリニック
TEL0422-38-6291
東京都武蔵野市中町1-24-15
メディパーク中町3階
三鷹駅北口より徒歩約6分
診療科目:歯科・小児歯科・歯科口腔外科・訪問診療等