チョコレートは歯に悪い?

こんにちは、受付の金子です。

先日2/14はバレンタインデーでしたね。

チョコレートを誰かにあげたりもらったり、自分用のごほうびに買ったりされた方も多くいらっしゃったのではないでしょうか。

そこで、今回はチョコレートと歯についてお話ししたいと思います。
甘いチョコレートは、むし歯の原因で“歯の大敵”というイメージ、ありませんか?
しかし近年の研究ではチョコレートに含まれるカカオ・ポリフェノールには、むし歯や歯周病予防に役立つ効果があるということが報告されています(日本チョコレート・ココア協会のHPより)。
カカオ・ポリフェノールの効用としては以下のようなものがあるとされています。

  • むし歯菌(ミュータンス菌など)への抗菌作用
  • 歯周病菌に対する殺菌効果
  • 歯垢をつきにくくする
  • 口臭を防ぐ
  • お口の中の浄化

これら以外にも、血圧を下げる効果や動脈硬化の抑制作用・ストレス抑制・便通改善など、さまざまな効果があるとされ、研究が進められているそうです。
このような効果を得るためには、カカオ・ポリフェノールが多く含まれるビターチョコレートやココアがおすすめです。
一方で、チョコレートに含まれる大量の砂糖はむし歯の原因にもなります。食べた後には歯みがきを行いましょう。

また最近では、むし歯を予防する効果のあるキシリトールを甘味料として使用した、キシリトール100%のチョコレートも販売されています。

おいしさは変わらない上に、むし歯を予防する効果がありますので、ご興味のある方は当院スタッフまでおたずねください。

 

医療法人社団 郁栄会
三鷹ピースデンタルクリニック
TEL:0422-38-6291
東京都武蔵野市中町1-24-15
メディパーク中町3階
三鷹駅北口より徒歩約6分
診療科目:歯科・小児歯科・歯科口腔外科・訪問診療等